審査の甘いカードローン

自由金利

利息とはお金を貸し借りする際に発生します。お金は基本的に物と同じで、借りたい人が多いと金利が上がり、逆に少なければ下がってきます。つまり、完全な自由な市場では、利息は資金需要に見合う形式で決定することになります。

自由金利と呼称されるもので、コール、譲渡性現金(CD)金利、手形レート、譲渡性現金(CD)金利、大口定期預金金利などがあります。

カードローン

たとえば、日銀が手形金利の水準を高めに設定したり低めに設定したりすると、市場との間で手形をオペレーションして市場の資金需要を変化させることになります。

また、民間の金融機関の一般的な貸出金利についても、臨時金利調整法などによる最高限度の範囲内でフリーに決定することが可能です。

これに対し、日本銀行が金利水準そのものを決定してしまうのが公定歩合です。公定歩合は日本銀行が政策的な判断に基づいて判断し、決定します。

ローン

公定歩合と完全自由う金利の中間に位置するのが規制預貯金金利や長期、短期のプライムレートなどの債券発行条件です。これらの金利は関係者が資金需要を調査しながら、一定のルールや判断に基づいて決定していきます。

金利決定の一元化

金融の国際化が進行するにしたがって、自由金利市場が拡大していくと既存の金利体系が維持できなくケースも増えてきました。長期、短期の金融市場の間で、金利裁定取引が活発になって長期金利は将来の短期金利の予想値と一致するようになってきます。

消費者金融

このため、短期金利が先行き上昇する場合、期間が長くなるほど金利が高くなりますが、逆に短期金利が先行き低下すると予想される場合、長期のものほど金利が低くなるという現象が発生してきます。

こういった長短逆転の現象は、金融引き締めが終了に近づいた場合に多く発生します。

主婦